道の駅「第九の里」物産館

アジアで初めてベートーヴェンの交響曲「第九」が、ここで初めて演奏されたことで、この名前がついています。物産館は国登録有形文化財指定の旧板東俘虜収容所に建てられていた兵舎「バラッケ」を移築したものです。
物産館では、なると金時やすだちなどの名産品が販売されているほか、飲食コーナーではドイツにちなんだ食事も味わえます。

道の駅「第九の里」物産館

TEL088-689-1119

【営業時間】9:00~17:00

【定休日】第4月曜日、年末(12/28~31)

【アクセス】

・高松自動車道「板野」ICより車で10分

・JR鳴門駅より路線バス大麻線→「ドイツ館」下車

・JR板東駅より徒歩約25分、タクシー約5分

【住所】鳴門市大麻町桧字東山田53

関連スポット

  • なると金時

    鳴門発祥の名産品として知られる「なると金時」は、中身が黄金色をしている芋を金時(きんとき)芋と呼んでいたことから、このように名づけられました。見た目も鮮やかな黄金色のなると金時は、栗のようにホクホク.....read more

  • 鳴ちゅるうどん

    鳴門市で昔から地元の人々に長く愛され続けてきた独特のディープなうどんです。 出汁は黄金色であっさりした醤油味、麺は細めで柔らかく不揃いで、具はねぎと刻み揚げ、出汁との相性が抜群です。 寒いときはも.....read more

  • なると物産館

    鳴門市の特産「れんこん」「わかめ」「なると金時」を使用した商品や、「すだち」などを使用したお菓子・地酒など、様々な商品を数多く取り揃えています。 なかでも、国の伝統工芸品に認定されている「大谷焼」.....read more

  • うずの幸グルメ

    「うずの幸グルメ」とは、鳴門海峡の渦潮に育まれた海の幸、すなわち「うずの幸」を堪能できるメニューです。鳴門海峡・近海でとれた魚介を3種類以上使い、渦潮を挟んで隣接する鳴門・南あわじ両市の特産食材を使.....read more